仏壇工房

掛け軸・欄間額・美術品の修理

掛け軸・欄間額・美術品の痛みは意外に進行しています。

表層のシミ・汚れ


早めに処置すればきれいになります。

表層の折れたもの破れ

そのまま使用すると再生できなくなります。

表装してないもの


虫がついたり、汚れがつきやすく、長く置くと色ムラや変色をします。

仏壇・欄間額が傷んでいませんか?

欄間額

昔の欄間額は作品が外気にむき出しの状態で飾られていることがほとんどです。
長い年月の間外気の影響を受け続けるとシミ・焼け劣化がどんどん進んでいき、
修復不可能な状態になってしまいます。
気がついた時に、修復可能な状態のうちに適切な処置をし、アクリルカバーをつけて額装し直すことをお勧めしています。
せっかくの美術品を大切に末永く飾れるようにしましょう。

お仏壇の中の美術品

ご先祖をお祀りする大切なご本尊の掛軸や法名の掛け軸が、お仏壇のローソクや、線香の煙で茶色くなったり、長年の使用で傷んでいませんか?
ご先祖をお祀りする昔から使われてきた大切な掛け軸です。
この機会に表具修理してきれいにお飾りください。

修復事例

お仏壇の中の掛け軸

全体的に線香のススなどが付着しており、シワの入っていましたが、表装を交換して、クリーニングを行いました。

古軸の〆直し(仕立変)

表装を交換して、シワを取ったりするクリーニングを行いました。

一般表装

表装を行い、絵が映えるようになりました。

古軸の〆直し・染み抜き

時間の経過による汚れや染み抜きを行いました。

その他の修理・修復

巻物

御影札額

巻物

御影札額

巻物

 

仏壇修理・お洗濯の電話・メールでのお問い合わせ。
スマートフォンからのお問合せ。
対応地域
北海道